次男の出産と東日本大震災

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

071550.jpg

帝王切開で次男を出産したのは東日本大震災が起こった4日後でした。

北海道でも小さな余震が続き、出産直後のお母さん方はみな不安だったと思います。

私が入院した病院は全個室でしたが、どんな小さな余震であっても必ず助産師さんが全室を回って患者さんに声をかけていました。

入院中に朝、テレビをつけると東日本大震災のニュースとACのCMしかやっていません。

この時期に産まれた小さすぎる命が愛おしくて、亡くなったたくさんの命のことを思って色々考えました。産まれたばかりの次男を病院のベビーベッドから

自分の隣に移し、暖かさを確認しながら眠ると涙がこぼれました。

退院後、被害にあわれた方のブログを拝見しました。

その方は、地震の10日前に長女が産まれたばかりのお父さんで、仕事中に地震にあわれたそうです。

自宅にいた家族と奥さんは津波から辛うじて逃げられたそうですが、奥さんが抱きかかえていたお嬢さんが津波にのまれたといいます。

産まれてわずか10日。抱えていたわが子を迫る津波の中に落としてしまった奥さんは、狂ったように泣き叫んでいたと書かれており涙がでました。

翌日、波が引いた後、ボロボロになった自宅の裏手でお嬢さんは発見されたそうです。

顔に傷はなくキレイだったと言い、写真を載せていましたがまるで眠っているようでした。

ブログを読み終えて、寝ていたはずの次男を確認すると、目をあけてぼんやり天井を見ていました。

生きていてよかったと心から思い、亡くなった方の冥福を祈って涙しました。

あれからもうすぐ4年。今日もたくさんの命が産まれて、そして消えています。

万が一のときに「子供に何もしてあげれなかった」と涙することがないように、精一杯愛情を注いでいきたいと思います。

そのあとショックで眠り続けました。ちょっと寝すぎたのでここを見てロングスリーパーか診断してみました。

大丈夫そうでした。

友達が次々に妊娠していく辛さ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

妊活を五年間していました。

妊活は自分なりにマイペースにしようと思っていたので、病院に通ったり、注射をしたりと大変なことはあったけれど、治療そのものはそれほど辛いとは思いませんでした。

適度に息抜きもしながら、あまりのめりこまないように気をつけながら妊活をしていました。

それでもどうしても落ち込んでしまうことがありました。

それは友達の妊娠の報告を聞く時です。

おめでたいことだということ、喜んであげたいという気持ちと共に、どうして私にはできないんだろうという気持ちが出てきてしまいとても辛かったです。

中には、まだ欲しくなかったんだけどできてしまったから結婚するという人や、二人目は欲しくなかったんだけどできてしまったからどうしよう、なんて話もあって、そういう話は特に聞くのが辛くなってしまいました。

仲良くしていたグループの友達も、私を除いてみんな子どもが生まれました。

どうして私だけ...とどうしても考えてしまい、その集まりに行くのが辛くなってしまいだんだんと疎遠になってしまっていました。

自分の心の狭さから、大切な友達を失ってしまうこともとても辛かったです。

けれども、私もながい妊活を経て赤ちゃんを授かりました。すると、その仲間たちが声をかけてきてくれました。

疎遠になったと思っていましたが、友達はそっと私のことを見守っていてくれてたようです。

辛い時は、無理をして友達と付き合うこともなく、正直にその気持ちを話して少し距離を置くのも悪いことではなかったんだなと、今になって思います。

参考になるかわかりませんがそのとき飲んでいたサプリは葉酸のサプリでした。

二人目不妊治療をはじめてから1年経ちました。

その間、ずっと葉酸サプリを飲んでいます。

第一子のときは妊娠してから出産まで葉酸サプリを飲んでいました。

今回は妊娠する前から飲んでおいたほうがいいのではないかと思い、いつ妊娠してもいいように飲み続けています。

1年の間、不妊治療で2回妊娠することができました。

1度目は残念ながら子宮外妊娠になってしまいましたが、2度目はちゃんと妊娠できたようです。

私は40歳近い高齢なので、この年齢で妊娠できたのは葉酸サプリのおかげだと思っています。

また、葉酸サプリのおかげか病院の中では一番いいグレートの受精卵を作ることができ、

今ではその受精卵がお腹の中で頑張ってくれています。

葉酸は食べ物から摂るととても大変なのでサプリメントで簡単に摂れるとありがたいです。

妊娠初期から葉酸を摂っておくと、赤ちゃんの先天性障害を減らす効果があるようなので

私のような高齢妊婦にはとてもメリットがあると思います。

お腹の赤ちゃんを守るために母親がしてあげられることの一つとして葉酸サプリメントを摂ることを

おすすめします。

また、葉酸サプリを飲んでいるからきっと元気な赤ちゃんを産んであげられるというお守りがわりにも

葉酸サプリはとてもおすすめです。



赤ちゃんのために葉酸摂取

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

私も含めて女性が葉酸の栄養素を気にするようになるのは、妊娠してからだと思います。それまで自分の体調だけだったのが、赤ちゃんの事も考えるようになると色々な本で知識がついてきますよね。

そして産婦人科や本屋さんで赤ちゃん関連の本や試供品などを目にする機会も増えるので、葉酸摂取の必要性を感じると思います。

葉酸は、妊娠時にしっかりと摂取していたり、また妊娠を計画的に考えている女性が継続的に摂取していると赤ちゃんの神経管閉鎖異常の発症予防に効果が期待できるようです。

ですので、積極的に摂取しようと思うわけですが、葉酸が多く含まれているほうれん草、ブロッコリー、えだ豆などなど気にして食べるようにしていても、どうしても不足してきてしまうと思います。

ですので私は不足分を考えて葉酸サプリメントを飲む事にしました。それでも初めはサプリメントに不安があって、産婦人科の看護師さんに相談したところ、病院に色々なメーカーさんの試供品が置いてあって、それで気に入ったサプリメント飲んでみたらと言われました。また妊婦さんに安全だから安心して大丈夫とも言って頂き、継続して使用していました。

体調が良くなるとか、スッキリするとか劇的な変化はありませんが、お腹の赤ちゃんへの不安が解消されて、ストレスなく出産を迎えられました。そしてとても健康な元気な赤ちゃんと巡り合える事ができてとても幸せです。

葉酸サプリメント、とても有り難いサプリです。

妊活中に服用していました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

1人目を妊活中に葉酸サプリメントを服用していました。

妊娠を希望するにあたって、まずは何が必要で、何に注意が必要なのかが知りたくて、

まずは妊娠、出産に関する雑誌を購入して読みました。



そこには、妊娠初期に葉酸サプリメントを服用することで、胎児の障害リスクを減らす効果があると載っていました。

特に、妊娠12週目までの服用が肝心で、二分脊椎症になるリスクを減らすという内容でしたので、

妊活を始めてすぐに、近所の薬局で葉酸サプリメントを購入し、毎日規定量を服用し続けました。



妊活を始めてから4ヶ月目に子どもを授かることが出来ました。

実際に婦人科を受診すると、医師からも葉酸サプリメントを服用しているか質問されました。

妊活を始めた時からずっと服用し続けていることを伝えると、今後も継続して服用するように指示されました。



妊娠8週目以降になって、病院が変わり、産科を受診した際には、特に医師からは葉酸サプリメントの服用についての話はありませんでしたが、

私の方から、葉酸サプリメントはいつまで服用し続けた方が良いのかと質問しました。

すると、妊娠12週までが重要で、それ以降は服用しても悪影響はないけど、特に胎児への必要な栄養素というわけでもないので、

妊娠12週までは必ず服用し、それ以降は手元に無くなり次第、服用しなくても構わないと指示されました。



結果、妊娠14週頃まで服用し、手元に無くなったので、それ以降は葉酸サプリメントの服用はやめました。

それ以降は、なるべく野菜を多めに摂る食事を意識し、サプリメントは特に服用しませんでした。

妊活を始めてすぐから、ずっと服用し続けていたおかげか、無事に出産することが出来ました。

女性の味方、葉酸サプリメント

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

葉酸(ようさん)ってご存知ですか?



私は、妊娠してから知った言葉でした。

葉酸は、妊活中の女性や妊婦さん、さらに授乳中の女性にオススメしたい栄養素。



妊娠中、授乳中における葉酸の摂取量は、

通常の成人の摂取量の2~3倍が好ましいようです。



葉酸は、身近な食べ物に含まれています。

ほうれんそう、ブロッコリー、枝豆、マンゴーやグレープフルーツにも含まれています。



しかし、妊娠するとつわりがあったり

何となく食欲がない時もあり規則正しい食生活を心がけてもなかなか出来ない時もあると思います。



私は、妊娠して自分の体に今、何が必要なのか?

子供の為に何が必要なのか?と気になり色々調べた時に葉酸という言葉を知り

さらに手軽に葉酸を摂取できる葉酸サプリの商品を知りました。



つわりもあり、まともな食事が取れない時にも

葉酸のサプリメントだけは必ず摂取するように心がけていました。

錠剤のサイズも大き過ぎず飲みやすいので続けられ

お腹の中で日々、大きく育つ我が子に栄養を届けてくれるお守りの様な存在でした。



毎日、食事からの摂取は量的にも難しいので

手軽なサプリメントは、ありがたく心強い存在ですね。

これから妊娠を希望する女性、妊娠初期の女性に特にオススメしたいです。