友達が次々に妊娠していく辛さ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

妊活を五年間していました。

妊活は自分なりにマイペースにしようと思っていたので、病院に通ったり、注射をしたりと大変なことはあったけれど、治療そのものはそれほど辛いとは思いませんでした。

適度に息抜きもしながら、あまりのめりこまないように気をつけながら妊活をしていました。

それでもどうしても落ち込んでしまうことがありました。

それは友達の妊娠の報告を聞く時です。

おめでたいことだということ、喜んであげたいという気持ちと共に、どうして私にはできないんだろうという気持ちが出てきてしまいとても辛かったです。

中には、まだ欲しくなかったんだけどできてしまったから結婚するという人や、二人目は欲しくなかったんだけどできてしまったからどうしよう、なんて話もあって、そういう話は特に聞くのが辛くなってしまいました。

仲良くしていたグループの友達も、私を除いてみんな子どもが生まれました。

どうして私だけ...とどうしても考えてしまい、その集まりに行くのが辛くなってしまいだんだんと疎遠になってしまっていました。

自分の心の狭さから、大切な友達を失ってしまうこともとても辛かったです。

けれども、私もながい妊活を経て赤ちゃんを授かりました。すると、その仲間たちが声をかけてきてくれました。

疎遠になったと思っていましたが、友達はそっと私のことを見守っていてくれてたようです。

辛い時は、無理をして友達と付き合うこともなく、正直にその気持ちを話して少し距離を置くのも悪いことではなかったんだなと、今になって思います。

参考になるかわかりませんがそのとき飲んでいたサプリは葉酸のサプリでした。